アフリカ南部(マラウィ・ジンバブエ)の大学を訪問しました

2017年2月13日から2月23日の日程で、地球環境学堂の真常仁志准教授が、アフリカ南部の2大学(Lilongwe University of Agriculture and Natural Resources, University of Zimbabwe )を訪れ、研究、教育における地球環境学堂との連携、協力について意見交換を行いました。両大学とは、マラウイおよびジンバブエでの農学分野における研究を実施するため、今後、教員および学生の派遣などを実施する予定です。

Dr Nalivataとの面談の様子(リロングウェ大学)

マラウイ北部での農家圃場見学の様子

ジンバブエ大学中央図書館

Dr Muchuweh(中央)、Dr Sadomba(左)との面談の様子(ジンバブエ大学)

pagetop