国際スプリングスクール2018~環境学分野~「エネルギーと食をめぐる都市と農村との連環」を実施

2018年2月21日から3月15日の約3週間にわたり、国際スプリングスクール2018~環境学分野~「エネルギーと食をめぐる都市と農村との連環」を実施しました。
本プログラムは、地球環境学堂および農学研究科が提携する欧米・アジアなどの大学から、短期交流学生15名受け入れ、「エネルギー」、「食」、「都市と農村の関係性」の3つをテーマとして、地球環境学堂が提供するフィールド実習や特別講義、研究室の研究事例や分析技術の紹介、近畿の多様なフィールドの視察を通して理解を深めるとともに、参加者間の英語によるディスカッションを活発に行い、各テーマの諸課題や可能性について、フィールド視察および参加国の事例について学び合い、深く考え、グローバルな視点、ローカルな視点など多面的な思考を育成していくプログラムです。
各大学における公募、書類・面接審査の結果、京都大学に所属する大学院生4名、学部生2名、海外の提携大学13校に所属する大学院生15名の計21名(15か国)が参加しました。学堂からは、28名の教員が特別講義、研究室セミナー、分析指導、フィールド研修の引率に参画し、環境学の多様な研究成果を提供しました。また、コーク大学から大気化学のJohn WENGER教授を招聘、特別セミナーを開講しました。プログラムは計画通りに遂行され、原子力発電に関して、福島避難住民の視点、原発を推進する側の視点と、それぞれの見解について講義と施設訪問から学び、今後のエネルギーについて各国の事例を比較しながら深い議論が展開されました。農村地域の現況について、京都北部・和歌山の山村の訪問を経て、地域産業の変遷、資源の変容、過疎化地域の在り方(伝統知の活用や伝承、資源の豊かさと農業従事者の少なさのギャップ)について各国の事例や価値観も踏まえた意見交換がなされ、参加学生の視野を広げる有用な機会となりました。英語のみのプログラムではありましたが、参加者同士、解ろうと努力する、助け合う姿も見られ、参加学生のコミュニケーション力を磨く機会となり、互いの母国語を学び合う姿も見られ、参加者だけでなく、地域住民との交流、文化の体験など、学術だけにとどまらない貴重な経験、多様な学びの機会を提供できました。

pagetop